earth Scapes in JAPAN 2007 新聞掲載紹介

岳南朝日新聞2008年1月11日



 地球写真家の石井友規さん(24)が10日、天ぷら油などの廃油を再利用したバイオ・ディーゼル燃料車による日本縦断の撮影旅行を終えて、富士宮市下条の「木の花ファミリー」を訪れ、同車両を1年間貸与するための引き渡し式を行った。
 化石燃料(軽油)の代替バイオ・ディーゼル燃料は、生物由来の油を原料にしたディーゼルエンジン用燃料のこと。燃焼によって二酸化炭素を排出しても大気中の総量が増えない「カーボンニュートラル」な燃料で、地球温暖化への対策が急務になっている今、世界的な注目を集めている。
 石井さんは2004年から05年にかけてオーストラリア1周旅行をしたことから自然環境への関心を深め、昨年10月4日から12月27日までの約3ヵ月間にわたって、バイオ・ディーゼル燃料車で国内の世界遺産14カ所を巡る撮影旅行を続けながら、各地の児童養護施設で写真を通じた自然と命の大切さを訴える講演を行ってきた。
 木の花ファミリーは有機農業による自給自足を基礎とした共同体であり、循環型社会の実現を目指した活動の一環としてバイオ・ディーゼル燃料への取り組みを進めていることから、同車両が貸与されることになった。
 貸与車両に使用するバイオディーゼル燃料(BDF)は知人から、米との物々交換で入手するが、現在、天ぷら油利用のストレート・ベジタブル・オイル燃料(SVO)を同ファミリーが自前で開発中で、貸与車両のほかにエンジンを改造した専用車両を導入し、春までには稼働させる見通しとなっている。
 来園した石井さんが、日本縦断の旅やオーストラリア1周旅行のスライドを上映した後、車両が引き渡され、石井さんと木の花ファミリーの古田偉佐美さんが固く握手を交わした。引き続き、自給自足の食材による自然菜食会と、「木の花楽団」による歓迎コンサートが行われた。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




朝日新聞静岡2008年1月11日



バイオ燃料車活用して
 
 バイオ・ディーゼル燃料車で国内の世界遺産を回った写真家が10日、富士宮市で有機農業による自給自足の生活を続ける「木の花ファミリー」に、車を引き継いだ。同ファミリーでは、地球温暖化を防止する「循環型社会」の実現を目指す活動の一環として、この車を活用する。
 写真家は、名古屋市の石井友規さん(24)。石井さんは、「地球を大切にし、子供たちに夢を贈りたい」と、昨年10月から12月まで、国内の世界遺産14カ所のうち13カ所を回って写真を撮影。途中、児童福祉施設9カ所を訪問して、「知床」で撮影したヒグマや「屋久島」の鹿などの写真を見せてきた。
 天ぷら油の廃油などからつくるバイオ燃料で走ること車は、静岡県清水区の自動車修理業者が、石井さんの計画を知って提供した。今後は、木の花ファミリーに1年間、貸与されることになり、この日、引き渡し式が行われた。石井さんは「山道や高速道路も走ったが、順調だった。間もなくバイオ燃料が当たり前、といわれるようになるのではないか」という。
 同ファミリーは大人31人、子供15人が一緒に生活して農業を営む共同体。化学肥料や農薬を使わないで、13ヘクタールの田畑で約250種の米や野菜を栽培している。
 「環境に配慮した持続可能なライフスタイル」として注目され、去年は、全国から1900人が農業体験など見学に訪れたという。既に、農作業用のトラックなどに一部、バイオ燃料を使用しているが、今後、全面的に切り替える予定だ。 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




読売新聞名古屋2008年1月27日



 天ぷらなどを揚げた後の食廃油を利用した「バイオディーゼル燃料(BDF)」を使う自動車で、国内の世界遺産を巡り、平和や環境保全を訴えていた写真家、石井友規さん(24)(名古屋市港区)が88日間、走行距離8600キロの旅を終えた。途中、児童施設を慰問し、各地で撮影した動物などの写真を使って、子どもたちに「命の尊さ」に気づいてもらう活動も行った。石井さんは「今度は海外の子どもたちと交流したい」と、ヨットで世界を回る計画を進めている。
 石井さんは昨年9月30日、名古屋港をフェリーで出発し、北海道・苫小牧港に上陸。世界自然遺産の知床から白神山地、京都、熊野古道、石見銀山などを経て、屋久島に到達した後、折り返して、名古屋への帰り道に広島原爆ドームなどを訪れた。国内14か所の世界遺産のうち、沖縄県を除く13か所を回った。原爆ドームでは、大阪の児童施設の子どもたちから託された千羽鶴を手向けた。
 石井さんは大阪芸術大学写真学科に在学中の2004年、1年間かけて豪州大陸をオートバイで1周。その時撮影した草原に横たわる動物の死骸(しがい)などの写真が、05年の愛・地球博の国連館で展示された。昨春、大学を卒業し、平和や環境保全を訴えるためには、自分の国をもっと良く知ることが大切だと考え、今回の旅を思い付いた。
 その際、自然に優しいBDFを使うことを決め、名古屋市のBDF製造業者などから計約1000リットル提供してもらった。
 途中寄った神奈川、福岡県などの児童施設では、知床で撮影したサケの遡上(そじょう)、民家に近寄るエゾジカの写真を見せて、自然の大切さなどを説いた。
今度はヨットで世界一周に挑戦 石井さんは現在、知人のヨットに同乗し、5月から世界一周に出る計画を進めている。横浜を出発し、カムチャツカ半島やアラスカを経て、パナマ運河を通過。大西洋から喜望峰、豪州などを回りたいとしている。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




読売新聞広島2007年12月25日



平和の千羽鶴とゴール
BDF車で撮影旅の石井さん


子どもたちから託された千羽鶴をささげる石井さん(広島市中区の平和記念公園で)
日本中の世界遺産をバイオディーゼル燃料(BDF)で走る乗用車で回り、自然の尊さや命の大切さを訴える写真を撮影しているカメラマン石井友規さん(24)が24日、約三ヶ月にわたった旅のゴール地点、広島市中区の原爆ドームに到着した。旅の途中で子どもたちから託された千羽鶴を原爆の子の像にささげた石井さんは、「原爆で亡くなった人たちのためにも、今、生きている私たちには平和を持続させる義務があると感じた」と語った。
石井さんは9月30日、自宅のある名古屋市港区をフェリーで出発し、北海道の自然遺産・知床から旅をスタートした。相棒は、食用油の廃油で走るBDF車で、日光(栃木)や京都、石見銀山(島根)、屋久島(鹿児島)などの国内の世界遺産を回り、13か所目の原爆ドームに到着した。
学生時代にオートバイで巡ったオーストラリアの人と大自然に感化され、「地球写真家」を名乗り始めた石井さんは、旅行中は世界遺産だけでなく、各地の児童福祉施設七カ所も訪問。撮影した写真を子どもたちに見せ、自然環境の保護や命の大切さを訴えてきた。
この日は、広島平和記念資料館を見学した後、大阪府東大阪市の施設の子どもたち約40人が作った折り鶴を原爆の子の像にささげ、手を合わせた。
石井さんは、来年5月にはヨットで世界一周の旅に出る予定。「広島で改めて感じた命の大切さ、平和のかけがえのなさを、世界の子どもたちに伝えたい」と意気込んでいる。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




愛媛新聞2007年12月25日



命や自然大切にしよう

写真家石井さん国内世界遺産を紹介バイオディーゼル燃料(BDF)で走るワゴン車国内の世界遺産を巡り、命や自然の大切さを訴えている写真家石井友規さん(24)=名古屋市=が21日、松山市束本二丁目の児童養護施設「愛媛慈恵会」(黒田和幸施設長、95人)を訪問。小中学生約40人に知床や屋久島などの写真を見せ「お金に換えられないものを大切にしよう」と呼び掛けた。
石井さんは九月末、国内14の世界遺産のうち沖縄県以外の13カ所を巡りながら、各地の児童養護施設で撮影した写真を見せる旅に出た。車に積んだBDFを給油しながら20日までに北海道から九州まで33都道府県を回り11遺産を訪問。六ヶ所の児童養護施設で写真を見せた。
21日はプロジェクターで知床半島の動物たちや、屋久島の森などの写真を次々に紹介。子どもたちは「キツネがかわいい」「景色がきれい」などと見入っていた。
民家の隣でごみを探す野生のシカの写真では、石井さんが「一度、人間から与えられた餌の味を覚えると、動物は自然の恵みを探さなくなり、山で衰弱したりする。簡単に餌をあげて動物の生活を狂わさないで」と呼び掛けていた。
石井さんは「写真を通じて感じたことを大切にしてもらいたい」と話していた。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




西日本新聞宮崎2007年12月21日



てんぷら油で日本縦断 世界遺産巡り撮影旅行 名古屋市の「地球写真家」石井さん
 てんぷら油などの廃油を再利用したバイオディーゼル燃料を使い、国内の世界遺産を巡りながら撮影旅行中の写真家石井友規さん(24)=名古屋市=が19日夜、宮崎市入りした。行く先々の児童養護施設で写真を通して自然と命の大切さを訴える講演を続けており、石井さんは「『地球写真家』として、夢と平和を多くの子どもたちに伝えたい」としている。

■宮崎市入り児童養護施設で講演 自然と命の大切さ訴え 来年ヨットで世界一周も

 石井さんは2004年、バイクでオーストラリアを撮影旅行し、自然の素晴らしさに触れた経験から、今回の旅を企画。「てんぷら油でにっぽん世界遺産縦断中!」のメッセージを張った車で、10月4日に北海道の知床を出発した。南下し自炊と車中泊を2カ月以上重ねながら、白神山地、日光、石見銀山など国内に14ある世界遺産のうち12カ所を訪れた。
 車は1リットル当たり約10キロ走るといい、これまでの走行距離は約7000キロに上る。福岡の弁当店からもらった廃油約320リットルをポリタンクに詰めて随時給油している。
 19日は、世界自然遺産の鹿児島県の屋久島から移動し、宮崎市高岡町の児童養護施設「さくら学園」を慰問。オホーツク海などの風景やヒグマ、キタキツネなどの写真を披露すると、約50人の児童、生徒らが歓声を上げた。人里に降りてくるエゾシカを紹介し「動物に餌を与えないように」と人間と動物とのかかわり合いを説いた。
 石井さんは20日に大分からフェリーで四国に渡った後、25日ごろ、残る世界遺産の厳島神社と原爆ドームを訪れ、子どもたちから預かった折り鶴を手向けて旅を終えるとしている。
 来年5月には、ヨットでの世界一周も計画。石井さんは「地球を歩いて自然の感動を届け、環境問題を考えてもらう一助になりたい」と語った。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




西日本新聞福岡都市圏2007年12月11日



バイオ車で日本縦断 命や自然の大切さ伝えたい 名古屋の石井カメラマン、福岡市入り

廃油を再利用した燃料、バイオディーゼル燃料で世界遺産を巡り撮影を続ける名古屋市のカメラマン石井友規さん(24)が10日、福岡市入りした。同市でカメラの最終調整をした後、朝倉市でゴール地点までの燃料を積み込んだ石井さん。「ゴールする最後の一日まで、人との触れ合いを大切にし、命や自然の大切さを伝えていきたい」と決意を新たにしている。
石井さんは10月4日、北海道の知床を出発、その後南下し、白神山地、日光、姫路城、石見銀山など10カ所の世界遺産を巡り撮影してきた。約2ヶ月間、自炊し、車内で寝泊まりしながら、これまでに約6300キロを走破。今後は、世界自然遺産の鹿児島県・屋久島を訪ねた後、世界文化遺産の原爆ドームがある最終目的地の広島を目指す。この日は広島までの燃料約320リットルをスポンサー企業から譲り受けた。
石井さんは2004年3月から一年間、撮影旅行でオーストラリアを一周。自然の偉大さと大切さを感じ、子どもたちにもこの経験を伝えようと今回の旅を企画した。「日本にも自然があふれていることを伝えたい」と、日本の世界遺産を巡りながら児童福祉施設で子どもたちに写真を披露することにした。
これまでに5カ所を訪問した児童福祉施設では、オーストラリアで撮影したカンガルーやワラビーなどの動物写真のほか、風景写真を披露。さらに知床半島で撮ったヒグマの写真を見せ、人里に下りてくるようになった背景に触れながら、野生動物と人とのかかわりを話したという。
石井さんは「子どもたちが自然の美しさを感じ、環境問題に興味を持つきっかけになればうれしい」と語った。
広島では厳島神社を訪れ、その後原爆ドームで大阪の児童福祉施設の子どもたちから預かった折り鶴を手向ける。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




大陽新聞2007年12月10日



「人」国内の世界遺産を巡る地球写真家

九月末から北海道・知床を皮切りに国内の世界遺産を巡る旅を続ける。今月二日から四日には福山に滞在した。二日には市内で開催のイベント「つれのうてフェスタ」に飛び入り参加した。三日には鞆の浦を訪れ、江戸期の風情が残る静謐な空気に身を置いた。
福山の親善友好都市の愛知県岡崎市の出身。福山にも幼少時に住んでいたことがある。今年3月に大阪の大学を卒業し、名古屋を拠点に活動している。
大学在学中の2004年に休学して豪州を旅した。中古のバイクで大陸を巡った約七ヶ月間の旅で地球の大きさ、自然の素晴らしさを実感した。日本を知る前に豪州の素晴らしさを知った。次は日本の素晴らしさ、文化や歴史を知りたいと考え、実行したのが今回の旅である。旅のテーマは「気づき」だ。
知床、白神山地、飛騨高山、京都、奈良・・・。訪れる先々で写真を撮影したが、なぜ世界遺産に登録されたのかまでを解き明かすような踏み込んだ写真を目指した。
もっと地球を知りたいと“地球写真家”を名乗る。今回の旅も環境に優しい方法でと、食廃油を再利用した燃料「バイオディーゼル」を使用した車で走っている。
年内に屋久島まで至り、旅を終える計画だ。「これまでの旅で自分が変わったという実感がある」と話す。来年はヨットで世界を回る旅に同行取材する計画もある。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




静岡新聞浜松2007年11月14日



<オーストラリア身近にきょうまでイベント>新居

新居町の自然施設「NLファーム」で三日、イベント「そうだ!夏のオーストラリアへ行こう」(浜名湖日豪協会主催)が始まった。資料提供などを通じてオーストラリアを感じ、オーストラリアと交流をしたいという気持ちや関心を来場者に持ってもらうのが狙い。四日まで。
浜名湖日豪協会事務局がオーストラリア観光案内・観光相談を実施。オーストラリアで家畜として飼われている羊やリャマと触れ合うスペースを設けている。おとなしい性格をしているリャマに触った子どもたちは「毛が柔らかい」と歓声をあげた。湖西市出身の画家ヤマモリコウジさんが審査委員長を務める、動物たちの絵を描く写生大会も開催している。
また、日本の世界遺産を巡る旅をしている写真家の石井友規さんが、オーストラリアの雄大な景色を伝える写真を始め、「命の大切さ」を伝える作品の展示を行っている。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




北海道新聞美唄夕刊2007年10月15日



バイオ燃料車で撮影旅行中の写真家石井さん美唄訪問
BDF製造西浦さんと交流


植物油の廃油を再利用したバイオディーゼル燃料(BDF)の車に乗って、日本各地の世界遺産を撮影する旅に出た名古屋市在住の写真家石井友規さん(24)が今月来道し、最初の撮影地・知床を訪問。移動途中の11日には、美唄で同燃料を製造販売する西浦誠さん(46)のもとに立ち寄り交流した。
石井さんは大阪芸術大学写真学科在学中の2004年から一年間、オーストラリアをオートバイで一周し、その時に撮影した作品を個展や自身のホームページで発表するなど活動している。これを機に世界に目を向けるようになり、「世界遺産を通じて、まずは日本国内の歴史や自然の素晴らしさを知りたい」と今回の旅を計画した。
環境に与える影響を少しでも減らしたいとバイオディーゼル車を利用。二日に苫小牧から道内入りし、4-9日に知床で写真撮影。北海道の自然や動物が大好きで、来道は既に10回以上という石井さんは「知床は自然あふれる素晴らしい場所。地球の広大さを写真を通じて伝えていきたい」と思いを語った。
西浦さんは、石井さんの活動をホームページなどで知り応援。石井さんは札幌に向かう途中で美唄に立ち寄って会い、BDFに関する情報交換などをしながら交歓した。
西浦さんは「環境に優しいBDFの普及に一役買いたいという石井さんの熱意に共感した」と話し、エールを送っている。
石井さんは函館から本州に移り、白神山地(青森県)や屋久島(鹿児島県)などを回る予定。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




北海道新聞札幌2007年10月12日



知床を皮切りに日本各地の世界遺産を撮影する旅に出ている、名古屋市在住の写真家石井友規さん(24)が11日に札幌を訪れ、四日から五日間にわたる知床の撮影を振り返った。
石井さんは大阪芸術大学写真学科在学中の2004年から一年間、オーストラリアをオートバイで一周し、その時に撮影した作品を個展や自身のホームページで発表するなど活動している。
オーストラリア訪問をきっかけに世界に目を向けるようになったが、「世界遺産を通じて、まずは日本国内の歴史や自然の素晴らしさ知りたい」と旅を計画した。
環境に与える影響を少しでも減らしたいと、植物油の廃油を再利用するバイオディーゼル車で移動し、今後は白神山地(青森、秋田県)や広島、屋久島(鹿児島県)などを回る予定だ。
知床五湖ではヒグマに遭遇するハプニングに見舞われたが、「知床は自然あふれる素晴らしい場所だった」と話す。
木の幹に顔をこすりつけるシカ、フレペの滝の遊歩道から見えた虹、羅臼岳の山頂からの景色などを切り取った。
「北海道の自然や動物が好き」で、中学の時から十回以上来道しているという石井さんは、「地球の広大さというものを写真を通じて伝えていきたい」と日に焼けた顔をほころばせ、夢を語った。

*<掲載写真の下に>
テントや調理道具を詰め込んだバイオディーゼル車の傍らで、「かけがえのない地球の大切さを訴えたい」と語る石井さん
(北海道新聞 本庄あやか)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




朝日新聞名古屋2007年9月27日



「自然・平和 撮影の旅」
日本にある14カ所の世界遺産を巡り、写真で切り取ることで自然保護や平和を訴えたい—。
名古屋市港区の写真家石井友規さん(24)が、使用済み食用油で動くバイオディーゼル車に乗って30日から3ヶ月間の予定で旅に出る。撮影した写真は途中、児童養護施設など多くの場所で展示していきたいという。

<国内の全世界遺産 バイオカーで巡る>
石井さんが旅を計画し始めたのは約1年前。今年3月に関西の大学の写真学科を卒業して準備を本格的に進めてきた。名古屋を出発してフェリーで北海道へ渡り、知床半島から南下する。行程は約6千キロに及ぶため、なるべく環境に悪影響を与えずに旅したいと、バイオディーゼル車を知人から借りた。旅中の燃料は、使用済み食用油を扱う製油業者に立ち寄り補給する予定だ。基本的に車内かテントが寝床になる。
環境問題に関心を持つきっかけとなったのは、大学2年を終えた春、休学してバイクで約7ヶ月、オーストラリア一周旅行に出たことだった。
圧倒的な自然の雄大さに「地球の存在を感じた」。吸い込まれそうな空や群青色の海に夢中でシャッターを切った。そのうちの数枚は05年の「愛・地球博」の国連パビリオンにも展示され、プロの写真家を目指す後押しにもなった。
だが、帰国後しばらくして一抹の後悔も覚えたという。「観光写真というか、きれいな風景しか撮っていなかった」
今回の旅では美しい風景はもちろんだが、「世界遺産が抱えている問題を考えさせる写真も撮っていきたい」と話す。
自らを「地球写真家」と名乗る。「地球上のあらゆる命の尊さを写真で訴えていきたいから」と意気込む。来年には、ヨットによる世界周航も計画しているという。(遠藤啓生)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




中日新聞名古屋夕刊2007年9月22日



バイオ燃料を使ったディーゼル車で日本縦断する石井友規さん(24)。「一人一人、意識してほしい」と環境問題を訴える。(佐伯友章)






Posted by: yuki -
--------------------------

 
© 2007-2008 地球写真家 石井友規 -- powerd by 株式会社Project yoshi | 小林良正